ゴールドシップ

ゴールドシップ

父・ステイゴールド、母・ポイントフラッグ、母父・メジロマックイーンという豪華な血統の下生まれたのがゴールドシップです。
現役時は500kgも超える大型馬で、ポイントフラッグが産駒が皆大きく生まれるので脚元の不安の悩みに悩まされていた為、小柄な種馬のステイゴールドを配合したが相反して大きく生まれたそうです。
2011年7月の新馬戦で秋山真一郎を騎手にデビュー、単勝2番人気であり、後方から徐々に上げて行き2歳コースレコードを出し新馬戦を勝ち取りました。
2戦目のコスモス賞では単勝1.2倍という圧倒的な人気に支持を集め道中中団からレースを進めていき、最後の直線で先頭に立ちそのまま押し切りで2勝目を飾りました。
その後の3戦目、重賞初挑戦となった札幌2歳ステークスは惜しくも2着となり、その後のラジオNIKKEI杯でも2着となり2歳シーズンでは4戦2勝という成績を残しました。
その後も2013年秋から2014年春頃にはスランプに突入し苦難の期間ではありましたが何とか乗り越えていきました。
2015年の春の天皇賞ではスタート前のゲート入りを拒んでおり、目隠ししてゲートに入るなどの不穏な空気の中で始まりました。
スタートは最後方待機でしたが、横山騎手によるムチで先団まで取り付き追撃してくる馬をクビ差で1着になるという予想外のパフォーマンスを魅せてくれました。
2015年の有馬記念で引退し、現在は北海道のビッグレッドファームの種牡馬に入りました。