ドレッドノータス

ドレッドノータス

ドレッドノータスは2015年の10月に開催した2歳新馬でデビューしました。武豊を騎手に1着という華やかな競走馬デビューを果たしました。
2戦目はGIII京都2歳の舞台に再び武豊騎手と出走しました。好スタートを切り2番手をキープ、1番手を走るリスペクトアースを射程圏に捉え追走していきます。
そのまま直線へ向かうと最終えリスペクトアースと一騎打ちになりゴール目前でドレッドノータスが逆転、デビュー2連勝し重賞制覇を成し遂げました。
重賞制覇後は一時休養し2016年の3月に行われるGIIスプリングのトライアル戦を叩いて(気合を入れる為にムチを入れる事)武豊騎手と出走、7着という成績でした。
2016年の4月に開催する皐月賞に向けて陣営と調教をしていた矢作調教師は「3戦3勝」で皐月賞を盛り上げたいと意気込んでいました。
そう意気込んで迎えた本番では、13人気15着で勝ち馬との差は2.6秒という残念な結果になりました。そしてリフレッシュもかねての放牧に入りました。
そして2016年5月現在は疲れが完全に抜けたという状況ではないのでダービー回避という状態になっています。
ファンにとってはレースでのかっこいい一面をしばらく見られない事になりますが、完全復活した時の反撃のレースに期待しましょう。