中央競馬

中央競馬とは日本中央競馬協会(JRA)が主催する競馬の事です。1954年9月25日に東京競馬場・京都競馬場において初めて開催されました。
JRAのテレビCMも放映されているので馬のシルエットを描いているロゴを見たことがある人が多いのではないでしょうか。現在は全国の10の競馬場で中央競馬を年間で288日行っています。
開催する際は原則、週末の土日の二日間を4週の計8日間で開催する事が原則となっています。
競馬場のイメージといえば、馬券が散らかっており喫煙の分煙がしてなくて清潔とは言えず、女性や子どもを連れて行きづらい環境と思う人がいるかもしれません。
中央競馬を行う全国の10ある競馬場は全て清潔な環境設備を整えており、家族でもカップルでも来やすい場所になっています。かつてのイメージを見事払拭してくれています。
例えば、兵庫県宝塚市にある阪神競馬場では、パドックやウイナーズサークルなどの競馬の名物スポットもとても開放的で閉鎖した空間を感じさせません。
また、家族連れでも楽しめる事ができるように中央競馬のオリジナルキャラクターのターフィーのオリジナルグッズなどを販売している売店があり子どもが興味を持つかもしれません。
他にも、ポニーに乗れるコーナーを整備しており、レースの競走馬を眺めるだけではなく動物とのふれあいも可能な場所になっています。
また、公園や大型馬を間近に見られるコーナーもあり、かつてレースで活躍していたサラブレッドにも会えるかもしれません。

競走馬情報局 © 2015 | All Rights Reserved