地方競馬

地方競馬とは全国の17の競馬場で行われている競馬です。ですが、中央競馬と地方競馬とでは何の違いがあるのでしょう。
競馬という枠組みでは大きな差は特にないですが、農林水産省が中央競馬を管轄している事に対して、地方競馬は各土地の自治体が運営を行っています。
兵庫県で言えば、園田競馬場と姫路競馬場がありますが、ここの自治体が地方競馬の運営を行っているのです。
また、中央競馬の売り上げは国の収入になりますが、地方競馬の売り上げは競馬の開催を主催する自治体に入ります。
自治体に売り上げが入る事で地方財政を支えてきておりますが、パチンコ産業の競合や不景気の煽りを受けて経営自体が厳しく開催縮小や廃止に追い込まれている状況でもあります。
ですが、この現状を打破すべくIT企業の参入によりインターネットで馬券の購入を可能にし、現在では全国の馬券をインターネットでほぼ買えるようになりました。
近年では中央競馬との交流競走なども行っており、どちらの競馬も楽しめるようになってきています。なので少しずつ一体化していると言っても過言ではない現状です。
また、地方競馬のレースは芝生のレース場で行っておらずダートのレース場で行われており、土ぼこりが舞いあがっている中を走る競走馬に圧倒されてしまうかもしれません。

競走馬情報局 © 2015 | All Rights Reserved