競馬を最大限に楽しむなら|競走馬情報局

サイト紹介

競馬趣味にしている人が割りと多い競馬。ギャンブル性が高いイメージで少し敬遠しがちな人もいると思いますが、競馬は魅力的な趣味なのです。
ただ単に馬と馬が競争している訳ではなく、馬を育ててきた生産者やレースに出走できるようにした調教師などの努力と応援している人達の声援を背負ってレースに参加しています。
日本では競馬は賭け事のイメージが先行してしまいますがイギリスでは高貴なスポーツと称されており、上流階級の貴族が競馬を楽しんでいます。
そして競馬は300年以上の長い歴史を持った奥深いスポーツでもあり、勝つためのスピードを求め優秀な競走馬を輩出するべく馬同士の交配を繰り返してきました。
そこで当サイトでは、その競馬の主役といっても過言ではない競走馬についてを色々紹介していきます。
競馬の最前線を走る競走馬はもちろん、現在は引退してしまった競走馬の情報などを知る事ができる競馬通になれる近道サイトでもあります。
競馬のルールだけではなく、私達の応援に応えてくれている競走馬達の事を知っていきませんか?
一頭一頭に個性があり、とても魅力的な競走馬の魅力を知っていきながら競馬をより深くそして最大限に楽しく思えるようになれるでしょう。

大阪のマニア向け風俗をお探しならこちらのサイトをチェック!大人だけの奥深いフェチの世界を体験しましょう。

競走馬の魅力

競馬まず競走馬とはどういう馬の事を指すのかというと、レースでより速く走るために品種改良されてきた馬の事を指します。
またサラブレッドとも言われており、標準的なサラブレッドの場合、体高は160cm~170cm、体重は450kg~500kg、そして走る時速は60~70kmと言われています。
頭は他の品種と比べて小さく4本の脚はスラッととても長いです。その上脚の付け根の筋肉は非常に発達しており速く走るという目的を果たしてくれる体格になっています。
また、毛色は様々な種類がありますが、日本軽種馬登録教会で認められている毛色というのがあり、鹿毛や栗毛の他も含めて8種類となっています。
競走馬の顔や脚の部分には白い模様が付いていますが、この模様も馬ごとに異なってきます。かつては額にハートマークの模様が入った競走馬などがおり競馬ファンから多くの注目を浴びました。
パッと見たころでは同じ様な見た目に思ってしまいそうですが、実は模様や毛色などの違いに気付いていき見分けがついてくるでしょう。
頭が小さくて脚が長いモデル体型なので、レース中の地面を蹴り上げて走っていく姿や、その時にサラサラとなびいてくたてがみの艶に一種の芸術性を感じられます。

ゴールドシップ

ゴールドシップ

父・ステイゴールド、母・ポイントフラッグ、母父・メジロマックイーンという豪華な血統の下生まれたのがゴールドシッ…

Read More »

オルフェーブル

オルフェーブル

オルフェーブルは2013年の有馬記念にて惜しまれながらも引退した競走馬です。名前はフランス語で「金細工師」とい…

Read More »

ドレッドノータス

ドレッドノータス

ドレッドノータスは2015年の10月に開催した2歳新馬でデビューしました。武豊を騎手に1着という華やかな競走馬…

Read More »

競走馬情報局 © 2015 | All Rights Reserved